ジェイラーの利用例

「先延ばし」を克服する自分監視アプリ

JAILER
使い方は 3ステップ
アプリで予約
アプリで予約
矢印
スマホで自分を写す
スマホで自分を写す
矢印
作業の監視を依頼する
作業を監視してもらう
アプリで予約
先延ばしにしている作業があると気づいたら、すぐにジェイラーのアプリを開いて、監視の予約を入れましょう。作業内容も日時も宣言してしまうため、監視の予約を完了したらもう自分に甘えてしまうことはありません。
アプリで予約
スマホで自分を写す
作業が始まる前には、作業の様子がわかるようにスマホを設置します。表情や作業の様子から、プログラムと人間が協働してあなたが作業に向き合っていることを確認するためです。
スマホで自分を写す
作業を監視してもらう
弊社の監視プログラム「BIG JAILER」が、作業を監視します。逃避していることが見つかった場合には注意を行いますので、適度な緊張感を持って作業を行うことができます。作業後には、監視ログが表示されますので、どのように監視されていたか確認することができます。
作業を監視してもらう
利用シーン
嫌すぎてどうしても着手できないとき
ゲームに逃避してしまう
締め切り直前なのに全然おわってないとき
積み上がる未読の本
そのうちやろうと思いながらずっと放置しているとき
居眠りするのび太くんのシルエット
rules_of_jail
  • 1席を立つときは、願い出ること
  • 2休憩するときは、願い出ること
  • 3終了するときは、願い出ること
さぼっているならジェイラーに注意をうける 矢印
監視プログラムがサボっているユーザを検知し、人間の監視員が注意を与えます。
価格
登録から2週間は無料でご利用いただけます。
「先延ばし」を克服する自分監視アプリ
JAILER
Produced by 株式会社
株式会社デジタルデトックス
使ってみる