プライバシーが気になる方へ

監視中は、実際に顔や部屋が運営の方に映し出されるのでしょうか?

はい、実際に映し出されます。このアプリでは、監視を希望するユーザの映像をリアルタイムに弊社のプログラムや特定の監視員に送信することで、問題がある兆候をシステムが自動検知して、それを人間の監視員が見て対応を行います。そのため、プライバシーについて心配されるのも無理のないサービス内容となっています。

なぜ人間が見る必要があるのですか?

本サービスは、自己管理を支援するためのサービスです。世間では様々な自己管理ツールが存在しますが、大半は、その気になれば自分自身で解除できてしまいます。そこで本サービスは、「生身の人間に見張られている」状態を作り出すことで、社会的な緊張感を生み出すことにいたしました。それは、弊社が試行錯誤する過程で、「人に見られているかもしれない」という緊張感が、自分を律するのに強い助けになることが分かったからです。これは例えば、自宅ではなくて、わざわざカフェに仕事や勉強をしにいくのと同じです。

プライバシーが心配なので、サービスを使うか迷う

本サービスが「生身の人間に監視される」ことを要点とする以上、本質的に「生身の人間に覗かれるプライバシー上の心配」が伴います。皆様には、監視されることで自己管理能力を向上させることと、自分のプライバシーを大切にすることを天秤にかけて判断していただきたいと思います。つまるところ、本サービスは、「身元不明の他人にいくらかのプライバシーを晒してもなお、自己管理をしたい」と考える方が対象になります。

どうしても顔をみられたくない事情がある

サービス上、スマートフォンのリアカメラ(鏡に使える方です)から顔が見られるように設置をしていただきますが、設置角度はユーザに委ねられています。そのため、顔を映さないようにスマートフォンを設置していただいてかまいません。その場合、プログラムや監視員からは表情が読み取れないため、監視の精度は低下します。また、マスクやサングラスを着用していただいてもかまいません。

契約上他人に見せられない書類や画面を見られてしまう可能性がある

本サービスでは、カメラの設置の仕方はユーザに委ねられているため、資料や画面が写り込まないように角度を工夫することができます。加えて、実際には電池消費・通信コストを抑えるために最小限の解像度で通信を行います。そのため、現実的には文章が読める通信状態になること自体、稀です。

プライバシーについて、どのように考えているのか

はじめに、弊社は個人情報保護法に遵守しており、プライバシーポリシーに掲げるように、プライバシー情報を適切に取り扱うことを宣言しています。利用者の氏名、生年月日、住所など特定の個人を識別できる情報については、社会規範に従って適切に扱います。また、本サービスの中心的内容に挙げている「身元不明の他人に監視される」行為は、一定数の皆様にとって心理的抵抗のあることであり、プライバシー上の心配を引き起こすものであることも理解しています。

しかし一方で、「プライバシーを守るべし」という信条は、無前提に受け入れるべきではありません。本人の意思に反してみだりに私的な情報を他人が利用することは禁じられるべきですが、逆に本人が希望しておれば、私的な情報を利用して問題解決に役立ててもよいはずです。弊社は、本人の同意にもとづいて私的な情報にアクセスして、従来は解決できなかった問題の解決を試みます。本サービスでは、自己管理能力の向上です。

監視員は、ユーザを監視しながらどう思っているのか

監視員は、画面に映し出された複数の画面を見ながら、予約内容通りに作業をしているか、居眠りしていないかなど監視プログラムの支援をうけながら順番にチェックしています。また、監視員本人も監視下に置かれているため、怠けることが出来ません。画面上には基本的に、まじめに作業をされているユーザの皆様の作業姿が映し出されるだけで、とくに動きがない場合も多いです。監視業務をはじめた瞬間には新しい環境について何らかの興奮を覚えることはあるかもしれませんが、相手も承知している上で監視しているため、業務上の感覚としてはプライバシーを覗き見しているような興奮はまるでありません。

どうしてもプライバシーについて心配です。どうしたらいいですか。

利用を検討されているが、プライバシーについてどうしても心配であるという方は、「プライバシーの心配」という心理的な抵抗を、具体的なリスク(起こるかもしれない嫌なこと)に分解したり、最悪の場合、どのような不利益があるかを考えて判断していただきたいと思います。

以下、弊社内であらかじめ、「プライバシーの心配」を具体的なリスクや、最悪の事態に分解して考えてみました。お客様の声を聞きながら追記します。

監視員が知り合いかもしれない。仕事関係の知り合いや親族や元恋人など、その他都合の悪い人に監視されていると気恥ずかしい

現状、弊社が管理している国内の監視員は数えるほどで、今後、時間帯によって海外で監視員を増員してまいります。現状では10人以下です(2018.3.20現在)。基本的に1人の監視員は多数のユーザを監視し、プログラムによって制御されているため、常時同じ画面を見ているわけでもありません。そのような状況で、偶然に都合の悪い知り合いに監視されている可能性はゼロになりませんが、頻繁に発生することはなさそうです。

どこかで監視員によって、利用者の監視映像などの情報が暴露されたり、その他不都合な形で流出しないか

監視業務は、弊社から個人・法人を含む主体に委託して行います。このとき、弊社から委託主体へは、監視にあたって指導を行うほか、サービスの信用を貶めないように定めた契約を結びます。それでも、非常に悪意的で自滅的な監視員が紛れ込んだ場合、恐れる事態が発生する可能性が残ります。この場合には、作業時間や作業概要、作業をしている映像などが流出する可能性が論理的にはございます。